幕張クロスとサイクルモード


昨日はサイクルモードを見学がてら、シクロクロスのエンデューロレースに出てきました。
(メインがどちらだったかはご想像にお任せします)

シクロクロスのレースと言えば、フラットで初級者向けのコース設定の稲城クロスしか出たことがなく難易度の高いコースは初めて。
前日にカテゴリーレースを走ったメンバーからは「稲城とは勝手が違うから気をつけろ」というアドバイスをもらうも、試走に臨むまでは「言うほどすごくないだろう」と甘く見ていました。
しかし実際走ってみると、壁のような激坂を上ったり下ったりの繰り返しで、前走者が居なければ自分は走らずに引き返していたことでしょう。

それでも試走では運よく転ばずにこなせ、いざ本番へ。
今回は2名で1時間走ります。
CYCLECUBEからは3チーム参加で、チーム名は”激烈メカ”(次回は”戦闘開始”©メカ様です)。

緊張の1走はレース初参加のウエバヤシさんに押し付け、自分は気楽な2走。

チームメイトのウエバヤシさんと応援に来たムスメと

転ばないように気をつけながら走るも、前走者がいないと走行ラインが分からず、というか試走のラインを忘れて何度か失敗。
DF7E98AC-5869-403B-86C1-4C5F47B735EE

最大の失敗は最終周。疲れて操作が雑になったのか、ドロップオフでハンドルをすくわれ大前転。
レバーやエンドも曲がり、体も久しぶりに味わう痛み、、、。すぐに交代で良かったです。
8F041D2D-64A2-46B9-87C3-334A0920D94A

そんなこんなで、みんな転びながらも無事完走。

IMG_2388

中央のポーズ取っている男性は我らのシクロクロス師匠マッペさん

こんなに痛い目にあっても、またレースに出たいみたいです。好きですねぇ。

午後はサイクルモードへ。
気になったものをいくつかご紹介を。

DMT
KR1 価格(税別) 45,000円
P1090119
ニットを採用したハイエンドモデル。
オレンジ、ブラックにホワイトが追加。

SH1 価格(税別):39,000円

P1090120P1090125 (1)
2BOAタイプのD1の後継モデル。一部にニットを採用し、ソールはKR1と同一です。
カラーはブラック、ホワイトの2色。

KR3 価格(税別):35,000円
P1090121 P1090126P1090124
全面にニットを採用したセカンドグレード。

P1090122
上記2モデルとは異なるソールを採用し、土踏まずやカカト部が回りこんでいないタイプになり
その部分の圧迫が気になっている方にはオススメです。

P1090123

DMTお得意の袋縫いではありません。
カラーはライトブルー、ブラック、ホワイトの3色。

・KT1 価格(税別):37,000円

P1090127

1BOAタイプのトライアスロンモデル。

P1090128

カラーはオレンジのみ。

■niner
MCR9 RDO
価格:460,000円(税別) フレーム&フォーク/390,000円(税別) フレームのみ

P1090112 P1090113 P1090114 P1090115

話題のフルサスグラベル。
どんな感じなのか興味があります。

■OnebyESU

ジェイカーボンマホラ(税抜30,000円) 上から見ると手前に曲がっているユニークな形状。

ジェイカーボンマホラ(税抜30,000円)
上から見ると手前に曲がっているユニークな形状。

あらゆる部分が丸形状でなくてつぶされ、二義に安さを向上させています。

あらゆる部分が丸形状でなくてつぶされ、二義に安さを向上させています。

あらゆるケーブルルーティングを可能にする穴が7か所に設定されています

あらゆるケーブルルーティングを可能にする穴を7か所

P1090154

ジェイ・クランク(税抜39,800円) 160cm(来春からさらに短いクランクを設定)から選べるクランク長や、狭いQファクターなど特徴的な設定のクランク。 中空構造です。

■GROWTAC
GT-Roller (税抜55,000円)
P1090159
「いやぁ今度ね、3本ローラーを発売するんですよ」
最近、サイクリングロードで会った代表の木村さんからそう聞いた時、正直”4本ローラーが既にあるので、今更3本??”と頭にはてなマークを無数を浮かべてしまいましたが、これに試乗して納得しました。
既存の3本ローラーとは一線を画します。

すでにローラーとフレームに剛性感があり、さらにローラーはスムースに回転し高出力で回しても不快な振動や音が感じられません。
オプションの発射防止ローラー(後輪前方の細い棒)がとても有効で、ローラー前方への飛び出しを防いでくれます。
4段階の手動負荷機構が標準装備され、別売の『GT-ePower-T』を装着すれば、スマート化も可能です。

まだまだ他にご紹介したい商品があったのですが、紙面も尽きたので今日はこの辺で、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です