マルイ展示会


今日は問屋さんの展示会に行くため朝早くお迎えの車に乗り込み、平和島の流通センターへ。
すでにメカ様が詳細にリポートしているので、ワタクシはそれ以外を簡単に。

大きな話題は、新たに取り扱いを始めたLIMAR
ASTANAやDIRECT ENERGIEが使用し、ヨーロッパのレースシーンでよく目にしますね。

フラッグシップモデルのULTRALIGHTはその名の通り、175g(Mサイズ)で世界最軽量だそうです。
ultralightplus_team_01

Mサイズを被ってみたところ、こめかみ付近の横方向がキツかったので、横で仁王立ちしていたちょっと強面の大柄なイタリア男(推定)に、アジア向けのシェイプはラインナップしないのか聞いたところ、
「アジア向けのシェイプはどのモデルも作らないけど、パッドで調整しているんだ。今被ったのはヨーロッパ用のパッドがついているから、こっちを被ってみて」
と見た目に寄らず(失礼)とても親切に説明してくれ、薄いパッドが装着したヘルメットを被ったところジャストフィット。
うたい文句通り軽く、快適な被り心地です。ちなみに、ノーマルカラーは21,000円(税抜)、プロチームカラーは24,000(税抜)と、ハイエンドにしてはお求めやすい価格です。

そして、彼は続けて
「このモデルは来年モデルチェンジするんだよね。年明けからASTANAも被るよ。あと契約は2年残ってるから。え、もっと軽くなるかって?これ以上は無理だね。まあ僕も先週初めて見たばかりでどうなるかまだ分からないけど。ちなみに彼(問屋さんの担当者)ですら、まだ見たことないんだ。ハハハ。」
と、あまり大っぴらに言わない方が良いような内容を惜しげもなく教えてくれました。

個人的にオススメなのは、778です。
IMG_9311
価格が12,000円(税抜)ながらも、重量は205g(Mサイズ)に抑えられ被りやすかったです。

ちなみにメカ様は、エアロモデルの007を気に入っていました。
IMG_9309

ほとんどのモデルにリアライトが付属するのも好印象ですね。

IMG_9312

お次はTOPEAKのバイク用ハードケース、「Pakgo X(パックゴーX)」です。

IMG_9305

ケース単体で9.3kg、プロテクターを含んで12.3kgとこの手のケースにしては軽量なのでしょうが、エコノミークラスの一般的な重量制限30㎏をオーバーする可能性が高いのが悩ましいところです。

IMG_9306

ステムとシートポストを外す必要があります。

IMG_9308

ホイールはフレームの両側に、バッグに入れて収納します。
90,000円(税抜)とお安くないですが、海外に自転車を持って行く機会の多い方には良さそうです。

つぶさに会場を見て回った後は、帰る道すがら用事があったのでGROWTACさんへ。
IMG_9336

サイクルモードに向けて忙しそうでした。出展スペースも大きくなり、新しいものも試せるそうなので楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です