LIBERTY試乗車

試乗会を機に店頭に用意したWIAWIS LIBERTYの試乗車ですが、ファーストインプレッションがとても良かったのでもっと長い時間乗ってみたくなり、きっちり自分のポジションに合わせてみることにしました。

取りあえず通勤の帰り30km+長尾台1周だけ乗ってみましたが、やはり振動吸収性は抜群です。
300g切りと超軽量でありながら高剛性のフォークは内部でしっかり振動収束してくれますし、BBからバックにかけては素材の振動収束と共に適度にしなって荒れた路面でも足腰への衝撃が明らかに少なくなります。楽になるだけでなくバイクが暴れないのでコントロールもしやすいです。

しなりの設計加減は絶妙で、平地でのスプリントや登りのダンシングでがむしゃらにもがいてみると確かにBBまわりがたわむのははっきり分かりますが、適度なところでバイク全体がしなりを抑えて反発してくるのでフニャフニャで力が逃げてまとまりのない動きになるようなことはありません。

むしろ踏み込んでも硬いものに跳ね返されるような感覚がなく、非常にペダリングしやすいです。

基本的にメーカーとしては「ライフスタイルバイク」という位置付けで、ツーリング志向の方へ向けたバイクということになっており、この抜群の乗り心地の良さとコントロールのしやすさはマイペースでロングライドする際に大きなメリットになってくれると思います。

また、スプリンター・ヒルクライマーなど走りの特徴によっても感じ方は異なるかもしれませんが、個人的にはレースで使っても大きな可能性があると思いました。

ただしGDRにしてもそうだったんですが、こういうBB周りのウィップが大きいバイクというのは試乗していただくと、どうしても一踏み目のたわみだけが際立って第一印象が悪い傾向にあるんですよね。高剛性バイクに慣れている方だとなおさらです。良さがはっきりわかるのにある程度時間が掛かるんです。

だからこそ店頭常設の試乗車として用意したので、ぜひ時間を掛けて乗ってみてもらいたいです。同じ登りを上るにしても一回だけでなく二回三回と上ってみると足の残り方にはっきりとした違いを感じて頂けると思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です