REPENTE(レペンテ)のお試しサドル用意しました

細身でオーソドックスな形状かつ適度なクッションを持つ「ASTUTE(アスチュート)」のサドルは当店でもお客様に大人気で、一度使ったお客様は気に入ってずっと使い続けることが多かったのですが、残念なことにメーカーが生産を休止してしまい、日本に入ってこなくなってしまいました。

デザインもさすがイタリア製でカッコ良かったので、代わりになりそうなサドルを探してもなかなか見つからなかったのですが、久しぶりにこれは!と思わせるサドルが有ったので、お試し用として取り寄せてみました。

イタリアの新興ブランド・「REPENTE(レペンテ)」のサドルです。
結構な種類が有りますが、比較的新しいモデルでグラベル用と銘打ってやや厚手のパッドを備えた「ARTAX GL」というモデルを取り寄せました。当店価格で15,350円(税込)です。

厚手といってもGELがぼってりと入っているわけではなくロード用と言ってもいいくらいの適度のクッションでした。またASTUTEと同じようにベース自体のしなりが大きめなのでパッドは薄めでベースのしなりでも振動吸収をするという設計なのかもしれませんね。

レールはT700フルカーボンで、ベースはカーボン補強のポリアミドです。
上位モデルのALEENAなど3万円ぐらいするモデルはベースまでフルカーボンですが、もしかするとこちらのポリアミドベースのほうがしなやかで乗り心地はよいかもしれません。

ただ重量はかなり軽量で、カタログ重量165gのところ実測162gでした!
価格帯からするとかなり軽量ですね。

ASTUTEはレールの長さが短くて、調整幅がやや小さいのがちょっと弱点でしたが、REPENTEはレールの長さも十分に取られていて、前後の調整幅がしっかりあります。

また、REPENTEサドルの大きな特徴として、なんとベースとカバー部分が分離できる構造になっています。
ベース側を見ると赤いT10のネジが3点有りますが、このネジを取り外すと、


ベースからカバー部分を取り外すことができます。
T10のネジにはしっかりネジ止め剤が効いていて、結構回すのが固いので作業の際にはちょっと注意が必要です。その代わり走行中に緩んでくる可能性は低そうで安心ですが。

これで万が一カバー部分を落車等で傷つけてしまったり、互換性のある他のカバーを使ってみたい、といった時に簡単に交換が可能です。
ARTAX GLは、Primeシリーズ・SPYDシリーズと互換性があります。

今のところ日本の代理店ではカバーのみの在庫は無いのですが、確認したところ発注すればイタリアから取り寄せ対応をしてくれるそうです。

以前、某P社でも同じようにベースとカバーがホックで留まっていて交換可能というモデルがありましたが、耐久性を重視し過ぎたのかベース・カバー共にカッチカチでとてもじゃないけど長時間座れるような代物ではなく、サドルとしての基本性能が低くてすぐに消えてしまいましたが、このサドルはカバー交換できる性能はあくまでも2次的なもので、サドルとしての性能がしっかり高そうです。

価格もASTUTOほど高くなく、まあまあ手頃なところなのでオススメしやすいです。

レールがフルカーボンなので、当面は貸し出しはせずに店内だけのお試し用とさせて頂きます。
ご興味のある方は店内のエルゴバイク上でお試しできますので、是非ご来店下さい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です